一軒家

住宅ローンの返済に困ったら任意売却を検討してみましょう

家の屋根

計画的に購入したはずなのに、どうしても住宅ローンの支払いが滞ってしまうことは珍しくありません。
住宅ローンを何ヶ月も延滞・滞納してしまうと、支払いの義務者は支払う権利そのものを奪われてしまい、債権者は大切なその住宅を売却し、返済に充てる権利を得ます。
その際、競売にかけられてしまうと、債務者にとってさまざまなデメリットがあります。
競売では、売却価格が安くなる傾向があったり、裁判所やインターネットでの公告により、個人情報が周囲に知れる恐れもあります。また、強制的な執行なされるため、明け渡し日の希望を聞き入れてもらえない可能性が高いことも挙げられます。
そのデメリットを回避できる可能性がある、もうひとつの売却方法が「任意売却」です。
競売か任意売却か、いずれの方法を取るにしても、そのような状況において、債務者は不安と焦りで頭がいっぱいになることでしょう。
そんな時の心強い味方が、任意売却専門の不動産会社です。
債務者の希望の条件を聞き、代わりに債権者との交渉を行ってくれます。
諸々の法律が絡む難しい交渉をこちらの味方となって進めてくれますので、よりよい結果を期待できます。
住宅ローンの返済にお困りの際は、ぜひ任意売却専門の不動産会社へ相談してみましょう。

pick up

recent entry