一軒家

柔軟な解決が期待できる任意売却

夫婦の手

任意売却は強制競売に対比されてその利点が語られますが、ほぼ債権者にも債務者にも不利益がありません。したがって、担保権が設定されている不動産を保有し、被担保債務の弁済が困難になっているなら、任意売却の検討をしましょう。任意売却専門の不動産会社へ相談すれば、任意売却のことが分からなくても教えてくれますので相談してみてください。
メリットは、特に2つを挙げることができます。1つは市場価格で売却でき、強制競売になった時よりも高い値段で売れることです。仮に強制競売になっても落札額は債務に充当され、足りなければ債務は残ります。それなら、自主的に行う任意売却を選んだ方が、借金を多く減らせるので後々の返済が楽です。
2つ目は柔軟に内容を決められるので、結果的に家を追い出されなくてもすむ場合や、退去する場合でもそれがしやすくなることが挙げられます。例えば、債権者に対して不動産を売却し、賃貸借契約を結んで住み続け、弁済が済んだ後に買い戻せるというリースバックの仕組みを取り入れることもあります。また、引越し費用を債権者が負担するような合意を結ぶこともできるので、家を急に追い出される強制競売に比べて不利益は抑えられます。
このように、専門の不動産会社に任せることで柔軟な解決期待できますので、返済で困ってる方は活用を検討してみましょう。

pick up

recent entry