一軒家

任意売却のことで困ったら専門の不動産会社へ

指をさす女性

任意売却とは、担保権が付いた不動産を債権者と債務者間で相談して調整し、売却することです。これは、住宅ローンやそれ以外でも、不動産に担保権を設定した債務の返済が滞った場合に行われます。もし債務の返済に困っていて強制競売のおそれがあるなら、任意売却専門の不動産会社へ相談しましょう。
強制競売は裁判所を介して行われるので時間がかかりますし、落札価格は市場価格の3割から大きくて4割ほども下がります。さらに強制的に不動産を失う上、債務に充当される金額は低くなるので、それなら任意売却を選択したほうが債務者にとっても利益になります。
担保権が付いたままでも売買は法的には可能ですが、市場では担保権のついた不動産はあまり買い手が見つかりません。それは、もし担保権が実行されれば購入した不動産を失ってしまうからです。そのため、担保権がついた不動産を売却するためには、債権者との交渉で担保権を抹消してもらう必要があります。任意売却専門の不動産会社は、債権者と債務者の間に入ってこれを調整してくれますので、自分で交渉するよりもスムーズになります。
これまでの実績が豊富な会社ならば、こうした調整も時間はかかりませんし、何より安心感もあります。相談自体は無料なので、困っている方は頼ってみて下さい。

任意売却専門の不動産会社を頼ると良い理由

住宅ローンの返済が負担に感じている方や既に滞納しているという方は、任意売却を検討してみてはどうでしょうか。任意売却は市場価格で住宅を売買しますので、強制競売になってしまうよりも借金が減る割合が大きくなります。任意売却専門の不動産会社へ相談すれば、解決のためのアドバイスをしてくれるでしょう。
債権者にとっても任意売却の方がメリットがあるため、きちんと交渉すれば抵当権を外してくれます。強制競売は落札額がおよそ3割から4割ほど市場価格よりも低くなるので、回収できる額が減ります。市場価格なら減らないので、債権者にとっても任意売却の方が良いと感じます。それが、交渉で成功しやすい理由です。
任意売却専門の不動産会社は、債権者と債務者双方にとって良い条件を模索してくれますし、交渉も依頼することができます。何より、専門としているのでノウハウがあるので、様々な事情に応じた解決方法を考えてくれます。例えば、引っ越し代を出してもらえるようにすることや、債権者に買取をしてもらって賃貸という形で引き続き住めるようにするといった解決事例があります。普通ならこれまで任意売却を経験したことがないでしょうし、自分でやれることにも限界がありますので、任意売却専門の不動産会社を頼ってみましょう。

任意売却を行うならまずは業者に相談しよう

住宅ローンを滞納し続けたり返済ができなくなってしまうと、担保となっている自宅を手放さなくてはいけなくなってしまいます。多くは競売に掛けられるのですが、その場合裁判所によって売却されてしまうので、担保の家が市場価格よりも大幅に下回ってしまうことになります。
住宅ローンの返済が困難となり、やむを得ず担保の家を手放すのですから、少しでも市場価格に近い値段で売却したいと考えるのは自然なことです。ほぼ市場価格に近い値段で担保の家を売るのには、任意売却という方法があります。
この方法は、任意売却専門の不動産会社へ相談することによって、市場価格に近い値段での売却が可能となり、事情などを他者に知られることなくスムーズに手続きを終えることができます。競売に掛けられた場合は、その事情なども一切が情報公開されてしまうため、近所や職場などで気まずい思いをしなくてはいけなくなる場合も考えられます。
プライバシーをしっかりと守り、なおかつ残債を少しでも減らすなら任意売却がおすすめです。まずはお近くの専門の不動産会社へ相談してみてください。あなたの状況と希望に合った最適な方法を提案し、わかりやすく丁寧にアドバイスしてくれます。

pick up

recent entry